岩塩マッサージセルライト除去体験と効果(40代前半)

私はもともと冷え症でサウナやお風呂で温まっても冷えてしまうのが早かったのですが、以前に塩サウナに入ったとき身体がいつまでもポカポカ温かいうえに、汗の出もいつもより多く更に肌もツルツルになったのがERLIBUR(リーバブール)の岩塩マッサージを体験したきっかけです。

 

1件目のエステではさほど効果は感じられなかったのですが、2件目のERLIBURで効果を感じられました。

 

岩塩マッサージの流れ

 

施術の流れとしてはどちらも【カウンセリング】→【採寸】→【施術】→【ヒートマット】→【採寸】と違いはなかったです。

 

結果を分けた差は使用する塩の種類でした。

 

1件目の塩マッサージの塩の種類は店舗オリジナルと言うことで「厳選した塩」「天然の塩」「カプサイシン入り」ということしか分かりませんでした。

 

施術中、それなりに汗をかくこともできたのですが、結果が塩サウナ後の身体の変化とそれ程変わりませんでした。

 

塩マッサージは効果があるのでは?と思っていた私は肩透かしを食らった気分でした。その後半年ほどたった時、友人の勧めで受けてみた2件目のサロンで塩マッサージの印象をまったく違うものに変えてくれました。

 

サロンの方には大変申し訳ないのですが、あまり効果を期待せずに施術が始まりました。

 

悩みとして足のむくみと冷えを訴えていました。足元から施術が始まり冷え対策やむくみ対策のアドバイスを教えていただいている最中に、私の身体に変化が出てきました。

 

施術開始から、まだ数十分しか経っていなかったのですが施術を受けたところとそうでないところの身体の温かさが明らかに違ってきました。

 

施術を受けた部位に関してはジワジワと熱を持ってきたのです。そうではないところは今寝て起きてクイズを出されても分かるほどです。

 

私は1件目のサロンと何が違うのか興味が沸きエステティシャンに訪ねました。その結果技術もそうですが、大きな差は施術に使う「塩」の種類でした。

 

塩の違いによる効果

今回のエステの塩も店舗オリジナルと言うことで「厳選した塩」「天然の塩」「カプサイシン入り」なのですが、その厳選した「塩」の種類がすごいのです。

 

その塩はモンゴルのジャムツダウス(神聖な塩)と呼ばれる赤塩岩塩を使用していました。

 

この岩塩は三億五千万年前ごろの岩塩とされています。人類も誕生前の海水汚染もされていないころにできた岩塩です。

 

そのため他の塩と大きく違い、約80%がミネラルで作られており、身体に有毒な重金属やヒ素が含まれていない為、採取できるモンゴルでは食・美容以外に赤ちゃんの沐浴にも使われているそうです。

 

そのジャムツダウスが配合されているクリームでマッサージをされることにより、ミネラルが体に吸収され抹消神経の血流の流れを促進し身体を温めます。

 

更に老廃物の排泄促進を高めるため発刊を即します。

 

私が身体の変化を感じたポイントはこのミネラルが豊富なジャムツダウスによるマッサージによるものでした。

 

全身このクリームでしっかりマッサージしてもらったあとのヒートマットは汗の出方が1件目の2倍と言い切れるほどでした。

 

ヒートマットから出てベッドを振り返ると汗の水たまりが数か所見つけられました。

 

岩塩マッサージの効果について

施術後、採寸をして体重を量って更に驚かせられました。採寸の数字的には平均2pほどでしたが、体重が1.2s、体脂肪が1.9%減っていました。

 

これはミネラルが体にもたらす血行促進や排泄促進にプラスして、消化酵素や代謝酵素の働きを促進してくれる働きからだそうです。

 

この結果に私は大満足でした。この痩身エステを選ぶ際は、塩の種類が重要だな。と感じました。

 

そして、身体のラインを作るというよりもしっかり汗をかいて減量を目指す人に最適なコースだと感じます。

 

セルライトエステお試し体験

セルライトエステはまずお試し体験から。体験料金が安い順に痩身エステサロンをご紹介しています。

<<セルライトエステ一覧>>

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る